FC2ブログ
適応障害という病気に関するブログを書いていましたが、 一区切りをつけ、心機一転、「自由帳」に、様々な事を 書き綴っていきます

10<<  2018.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

ケンパパ

Author:ケンパパ
2010/1~6は、適応障害で休職。
それを機にブログ開始。
今は、復職(とりあえず)したので、
心機一転、ブログもリニューアル♪

【休職+復職後3カ月間】を書いた
以前のブログはこちらをクリック


カテゴリ


ツイッターやってます

ツイッターもやってます。
フォロー&リムーブはお気軽に
フォローは下のアイコンをクリック!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


訪問者数


ランキング

1回/日 ポチっとしてくれたら
喜びます♪♪♪
両方だともっと喜びます!


最新トラックバック


スポンサー


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々まじめに病気のお話
しばらくショッピング的話題ばかりでしたので、
たまには、真面目な話を

2010年9月中旬以降、
心身、特に心理面において、
不調な状態が続いていました。


仕事で深夜残業をしたのが、きっかけというか、
引き金というか...

偶然かもしれませんが、その日以降、

「会社に行きたくない」

という感情が、会社に近づくほど、
次第次第に、高まっていくのです。

なので、出社前に、会社の最寄駅のホームで、
5分ほど、ベンチに座りこんでしまうのです。

しかし、職場に入り、席に着き、
いざ、仕事にとりかかると、
特に問題はないのです。。。

(普通に働けるんです)

そこで、先週末の心療内科受診時に、
先生に尋ねました。


「僕のこの気持ちは、
 『逃げ』ですか
 『病状』ですか」と。


先生は、以下のように言われました。

「『病状』です。
 逃げている人は、すぐにわかります。
 すぐに、他人のせいにします。
 そして、非常に攻撃的です。
 医者に対してもそうです。
 長く診ているので、断言できます。
 『病状』です。
 復職して3カ月を過ぎたあたりは、
 心身の疲労もピークになり、
 慎重な対応が必要な時期です。
 じっくりいきましょう」

そして、薬の一部が、
ジェネリックに変更され、増量されました。

結果、総支払額に、変わりはありませんでした

ただ、この日を境に、今週は、
快調でした。

駅のホームで座り込む事もなく、
会社に行くのにも、大きな心理的抵抗もなく。

薬変更+追加の効能なのか。。。

『逃げ』か『病気』かで悩んでいた心を、
本当か嘘かは別にして、
救ってくれた効能なのか。。。


ただ、薬に救われているとすると、
気持ちとしては、ちょっと複雑です。

なんだか、自分の本当の感情を、
薬で抑え込んだり、
誤魔化しているような気がして。。。

でも、動けないよりは、やっぱり良いかな


よかったら、応援のため
ポチッとボタンを押してもらえたら喜びます。
両方押してもらえたら、もっともっと、喜びます♪
  ↓    ↓    ↓    ↓
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ






コメント
お久しぶりです
ケンパパさんこんにちは

新しいブログも見やすいですね
でも何かが切り替わった~っていうのもブログから伝わってきます

『逃げ』か『病気』かってすごく葛藤しますよね(>_<)
私は単細胞なので先生に『病気です』って言ってもらえることが一番の薬で
ホッとしてしばらくは症状が落ち着きます~♪

ケンパパさんは逃げれなすぎてそうなっちゃうのかな~
って勝手に思いました
[2010/10/24 02:35] URL | ことり #- [ 編集 ]


僕も精神不調で、薬の処方を受けていますが、ケンパパさんと同じく、抵抗を感じます。否定しています。美容整形しているようです。とはいえ、薬なしで回復できたか自信がないのです。諦めです。痛くも痒くもない。
「逃げ」か、「病気」か。僕も自分のことが判断できません。でも判断の必要はいらないとも考えられます。今の状態から、僕は進学をめざして、「必要なことをする」。とはいえ、「理性」と「弱さ」を行ったり来たりの日々です。
[2010/10/24 06:36] URL | まーちゃん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/10/24 06:58] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/10/24 13:35] | # [ 編集 ]


なんだか分かるような気がします。
「病状」なのか、「逃げ」なのか。私もたまに悩みます。
特に最近は、少しでも体調の悪化を防ぐために、予めここまでしかできない、やらない、とボーダーラインを引いてしまう所があって、後になって、もう少し頑張れたんじゃないかとか、ただ病気を盾に逃げているだけなんじゃないのかとか、いろいろ考えてしまいます。
かといって、無理をすると実際に体調を崩してしまうので、もう、どうしたら良いのか。
――って、ちょっと、ケンパパさんとは違う悩みなんですけど。

薬で感情の動きを抑えていると考えると、本当に変な感じがしますよね。でも、それがないとうまく生きていけないのも事実で。
本当、難しいなと思います。
薬を飲まずに済めばそれが一番なんですけど、まだまだそこに到達するためには、いろいろな事が変わっていかないと駄目なのだろうなと思います。
[2010/10/24 17:11] URL | K #MtZLlQ2Q [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/10/24 23:25] | # [ 編集 ]

Re: お久しぶりです
ことりさん

ちょこちょこブログ拝見しています。

しかも、実は、勝手にリンクを張らせてもらいました。
まずかったら、すぐ解除しますので。。。

> 新しいブログも見やすいですね
> でも何かが切り替わった~っていうのもブログから伝わってきます
あえて、切り替わった感を出してみました(笑)
ただ、前の方が見やすいよな~
と、自分では思っているんですけどね(笑)

> 『逃げ』か『病気』かってすごく葛藤しますよね(>_<)
> 私は単細胞なので先生に『病気です』って言ってもらえることが一番の薬で
> ホッとしてしばらくは症状が落ち着きます~♪
いやいや、そういう役目も先生は、負っているでしょうからね~
治療法の一つだと思います。
ただ、悩んでいる時点で、大体の場合は、
病気なのかな?と思えてきました。
逃げの場合は、無意識に逃げるか、
心のどこかで言い訳しているような気がして。
それと違うならば、やはり病気かもと思ったりしています。

> ケンパパさんは逃げれなすぎてそうなっちゃうのかな~
> って勝手に思いました
そうです。そうです。
今ままでは、完全に、逃げる事が出来なさ過ぎて、
病気になっちゃったと思っています。
なので、「勇気ある撤退」も、時には必要だと
肝に銘じるようになりました(笑)

[2010/10/27 00:54] URL | パパ→ことりさん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まーちゃんさん

こんばんは。

> 僕も精神不調で、薬の処方を受けていますが、
> ケンパパさんと同じく、抵抗を感じます。
> 否定しています。美容整形しているようです。
お気持ちはよくわかります。
表面だけ、取り繕っているように感じますよね。

>とはいえ、薬なしで回復できたか自信がないのです。
>諦めです。痛くも痒くもない。
僕は、これは自信を持って言えます。
薬を飲んでいなかったら、回復していなかった!と。
だから、表面だけ取り繕うと、先に書きましたが、
そのSTEPも必要だったんだろうなと思っています。
現に、悩みながらも、僕も一旦、復職できていますし。


> 「逃げ」か、「病気」か。僕も自分のことが判断できません。
> でも判断の必要はいらないとも考えられます。
「自分も他人も知らない自分」もしくは
「自分は知らない他人は知っている自分」という
ジョハリの窓の2つについて、僕は知りたいんですよね~。
白黒つけたがる性格のせいだと思うのですけど。。。
でも、おっしゃるとおり、どちらであるかは、結果的には
同じなのかもしれませんね。

>今の状態から、僕は進学をめざして、「必要なことをする」。
>とはいえ、「理性」と「弱さ」を行ったり来たりの日々です。
たとえ、ちょっとづつでも、前に進めているならば、
良しとしないといけないんでしょうね~。
迷わずガンガン進めれば、それはさぞかし楽でしょうけど、
悩みながらでも、前に進めているのなら、悪くはないのかも。
と、思えるようになれるといいですね♪
お互いに(笑)
[2010/10/27 01:01] URL | パパ→まーちゃんさん #- [ 編集 ]

お薬変わったんです
鍵コメさん

そうなんです。
お薬変わったんです。
といっても、ジェネリック医薬品にかわっただけだから、
効用的には大差ないのだと思います。

重要なのは、ジェネリックにして、費用負担が増えない形で
薬の量が増えたことでしょうね。

でも、おかげで、調子がよくなっているように感じます。
他の要因かもしれないけど。。。


> パパさん「希死念慮」って知ってますか?
>kp先生(ようやく2つだけアルファベット覚えた)のブログで知りました。
kp先生リンク張っときました。
鍵コメさんのために(笑)僕自身のためでもあります。
そして、もちろん「希死念慮」知ってますよ。

> 結局、実行する気力も体力も無いまま現実に引き戻され、
> 必要に迫られてベットから出ることができました。
多くの場合、実行に移すのは回復期に多いそうですね。
なので、回復期は要注意なんだそうです。
鍵コメさんが言われたとおり、最悪期はその気力さえ
おきないようです。

僕も、復職してからですもんね。
「プチ家出」したの(笑)

> 今日は上の階へなんて面倒で上がる気なんて全然ありません。
万が一、上の階へあがる気力が湧いてしまった時には、
まずは、僕のところにもご連絡を。
そして、返事が来るまでは、実行に移さない事を、
ここに約束してください(*^_^*)
[2010/10/27 01:09] URL | パパ→鍵コメさん #- [ 編集 ]

元気に学校いってますか?
鍵コメさん

> 私もずっとそれ考えてました。
どうも、この考えは、皆、突き当たるようですね。。。
逆に言えば、突き当たるような人は、病気で、
本当に逃げから来ている人は、悩まないんじゃないかって
気が最近してきました。。。

> よくなってきた今も、あの頃は結局病気でなく
> ただの甘えだったのではないかという
> 後悔のようなものにさいなまれています。
うーん、そうですか~。
でも、今までのやり取りで感じる僕の率直な感想は、
あの頃は、絶対病気だったと思いますよ。
少なくとも、僕は、そう感じていたから、
1つのコメント・1つのメールを書くのにも、
かなり、神経を使っていましたから。
(親切の押し売りをしたわけではないし、
 有難がらせようという意図もありませんからね)
文章からは危機感を抱かせるような感じが
滲み出ていましたよ。
絶対に、甘えや逃げじゃなかったと思います。

> いつでもこんなこと考えてますねー苦笑
> いつかちゃんと認められる日はくるでしょうか。
大丈夫大丈夫!
少しずつでも、前に進めてますよ~。
最近は特にそう感じるような内容と文章ですよ♪
大丈夫大丈夫!!
[2010/10/27 01:16] URL | パパ→鍵コメさん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Kさん

> 「病状」なのか、「逃げ」なのか。私もたまに悩みます。
Kさんのブログにも同趣旨の記事があったのを覚えています。
その時は、時間がなくて、読み逃げしちゃいましたけども。。。

> 特に最近は、少しでも体調の悪化を防ぐために、
> 予めここまでしかできない、やらない、とボーダーラインを
> 引いてしまう所があって、後になって、もう少し頑張れたんじゃないかとか、
> ただ病気を盾に逃げているだけなんじゃないのかとか、いろいろ考えてしまいます。
> かといって、無理をすると実際に体調を崩してしまうので、もう、どうしたら良いのか。
凄く重要で、素晴らしいことだと思いますよ。
線引きができなくて、オーバーワークして、パンクして
となると、周囲に更に迷惑をかけることになりかねませんものね。
だからこそ、復職時に、産業医は3カ月間は残業禁止などの
ボーダーラインを引くのだと思います。
僕も実際に、オーバーワークしてから、1ヶ月間、心身下降局面に
入りましたからね~
今のKさんの取り組みは、とても、勇気ある素晴らしい取り組みだと
思いますよ。
頑張らないことにも勇気・努力を必要とするような人達が、病気になって
しまうんだというのが、僕の考えですから(笑)


> 薬で感情の動きを抑えていると考えると、本当に変な感じがしますよね。
>でも、それがないとうまく生きていけないのも事実で。
まさに、そこがジレンマです。
ただ、動けないのは、やっぱりまずいかなと思うので、
一時的に薬の力を借りると言う事で、割り切らないと
いけませんよね。あまり、上手にできませんけど(笑)
[2010/10/27 01:23] URL | パパ→Kさん #- [ 編集 ]

2日連続大歓迎!!
鍵コメさん

2日連続コメント大歓迎です(笑)

> 自分は逃げてるのか。
> 私も、そう思ってました…
> 自分は、ただ嫌なことから逃げてるだけなんじゃないか。
> 怠け者なだけじゃないのか…
誰もが通る道のようですね。。。
休職中も思わなくはなかったですけど、
僕の場合は、復職してからの方が、この感情を
強く持つようになってしまいました。。。
多分、休職前と休職中は、まがいなりにも、身体面に
不調が表れていたから、逃げではなく病気だと、
自分を納得させやすかったんでしょうね。

> 今はちょっと体調もいいけど、
> 休職前は、そういえば体も変だったよなぁ…
そうでしょうそうでしょう。
やっぱり、少なくとも休職前は病気だったんですよ。
だから、今もまだ完全回復じゃないのですよ。きっと。

> パパさんの先生の答えは、私にとっても、
> すごく気が楽になるものでした。
> (こうじゃないから、違う、ってのがちゃんと明示されてるので)
久々に先生に相談してよかったと思えるような診察でした(笑)
いつもは、自己解決型なので(笑)
[2010/10/27 01:29] URL | パパ→鍵コメさん #- [ 編集 ]


いつもふむふむと思いながら勝手に参考にさせていただいてます。
ボクも時々症状なのか逃げなのか分からなくなる時があります。嫁には逃げだと言われますが。。。
いつもブログをよんで勝手に励まされてます(適応障害で苦しんでるのは自分だけじゃなくてこんなに前向きな人もいるんだと)
これからもブログ続けて下さい!!
[2010/10/31 00:44] URL | ドラゴン #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ドラゴンさん

初めまして~

> いつもふむふむと思いながら勝手に参考にさせていただいてます。
ありがとうございます♪
何かお役に立っている部分があるのなら、
嬉しい限りです♪
特に、最近は、本当に勝手気ままに書いていますので(笑)

> ボクも時々症状なのか逃げなのか分からなくなる時があります。
> 嫁には逃げだと言われますが。。。
そうですか。。。
それはお辛いですね。。。
症状か逃げかと悩むようなタイプの人の場合は、
症状だと言うのが、現時点での僕の結論です。
おそらく、本当に逃げるタイプであれば、
悩むことさえしないのではないかと思うからです。
そんな中で、一番、理解してほしい奥さんから逃げだと
言われれば、「やっぱりそうか」と思いこんでしまいますよね。
それこそ、心の逃げ場を失ってしまうような気がします。。。
奥様だけでなく、親・兄弟などの近親者にも幼いころに
どうだったかを尋ねるのも案外有効だと思います。

実は、昨日、母親に尋ねてみたら、
「これにも逃げなかった、あれにも逃げなかったetc」と、
逃げなかった事例を沢山あげてくれました。

幼少時の性格と今は違うと言う意見もあるかとは思いますが、
根っこは簡単には変わらないのではないかなと思います。

> いつもブログをよんで勝手に励まされてます
>(適応障害で苦しんでるのは自分だけじゃなくてこんなに前向きな人もいるんだと)
> これからもブログ続けて下さい!!
はいありがとうございます。
ブログは、少々脱線記事が多くなりますが、
続けさせてもらいます♪
ただ、僕が前向きな事例とは、あまり思えないきがしますけれども・・・(笑)
[2010/11/01 01:54] URL | パパ→ドラゴンさん #- [ 編集 ]


「会社に行きたくない」気持ちに打ち勝って結局出勤してる所がすばらしい!というかうらやましいです。
ボクは今のところ「会社に行きたくない」気持ちに勝てず、家で休職してる始末です。。。
[2010/12/05 22:52] URL | ドラゴン #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ドラゴンさん

> 「会社に行きたくない」気持ちに打ち勝って
>結局出勤してる所がすばらしい!というかうらやましいです。
6カ月かかりましたし、行ってからも
4カ月目の頃は、へろへろでした。
僕の場合は、周りに恵まれ、運が良かったのだと
思います。

> ボクは今のところ「会社に行きたくない」気持ちに勝てず、
> 家で休職してる始末です。。。
なかなかこの気持ちに勝つのは大変ですよね。
考え出すとぐるぐる思考がまわったり、
今までも、色々なことから逃げてきたのか?
など、負の思考スパイラルに陥ってしまいがちですよね。
でも、実際は、上手くできていた時期もあるはずで、
その頃のイメージが強く心に描けるようになるとよいですね
[2010/12/07 22:41] URL | パパ→ドラゴンさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kenpapago.blog33.fc2.com/tb.php/8-a6df287f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。